お知らせ

安全に対する取り組み

1)社長は、輸送の安全確保が事業経営の根源であることを深く認識し、

社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たす。

また、現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全が

最も重要であるという認識を持たせる。

 

2) 輸送の安全に関する計画の策定・実行・チェック・改善(Pian, Do、Check,Act)を

確実に実施し、安全対策を常に見直し、全社員が一丸となって業務を遂行知りことにより、

絶えず輸送の安全の向上に努める。

 

3) 輸送の安全に関する情報にkついては、積極的に公表する。